ハリウッド映画大ヒット作『セックス・アンド・ザ・シティ』について

ハリウッド映画にはアドベンチャーものやファミリーものなど様々なジャンルが存在していますが、人気ドラマが映画化される展開もよくあります。30代女性のバイブルと言われるほどの社会現象を起こした人気ドラマ『セックス・アンド・ザ・シティ』もその一つです。

『セックス・アンド・ザ・シティ』は4人のニューヨーカー女性のセックスや恋愛について描かれている作品ですが映画ではドラマ最終回後の続きで彼女たちがまた集結するストーリーになっています。主人公キャリーと友好的な関係を築いているビッグとのその後のラブがメインとなっています。

『セックス・アンド・ザ・シティ』の魅力はなんと言ってもトレンドファッションアイテムが満載なのと、日本では考えられないようなリレーションシップのありかたです。ビッチキャラとして定着しているサマンサは場所問わずどこでも寝てしまえるキャラクターなのに社長だったり、ミランダは弁護士という堅い職業なのに性に対してはオープン、シャーロットはお嬢様で天然キャラという観ていて笑わずにはいられない強烈なキャラがこの作品をより良いものへレベルアップさせています。