『スターウォーズ』おもしろい構成と監督の意向

『スターウォーズ』は今年新たなエピソードが上映されてますがこれまでのエピソード1から6までの攻勢がとても面白くなっています。ハリウッド映画だからこのつくりにしたのか、色々なぜこうしたのかと話が出ていますが最初にエピソード4から話を作ったのです。4、5、6とエピソードの終盤を作りクライマックスから話を作り始めたのです。そして1、2、3、と初めの話を作り始めるといった他の映画ではありえない構成なのです。

そしてエピソード4から6とエピソード1から3の監督が違うのです。二人の監督とそれぞれの監督が何を伝えたっかったのかを読み解くのも映画を楽しむ一つだと思います。

エピソード1から3の話を見た今だからこそもう一度エピソード4から6を見直すと最初に見たときと違った見え方ができおもしろいです。特に鍵となる人物のアナキンスカイウォーカーの心境なども変化がみられて人間の考えとわどのようなものか考えさせてくれます。

ハリウッド映画で『スターウォーズ』と言えば製作者が見る人に隠し要素を作っているなど何度も見る人用にも楽しみを作っているのです。